ベンチャー転職のプロに聞く「転職成功を導くキャリアの考え方」

転職エージェントインタビュー

エックスエージェント株式会社 飯盛 崇(いさかり たかし)氏

1997年富士通に新卒入社。営業・人事に携わり、2005年リクルートへ転職。HR支援の営業に従事。2010年には慶應義塾大学大学院に入学し、MBA(経営学修士)を取得。在学中に複数事業を立ち上げ、卒業後は共同創業したスタートアップでCEO/COOを歴任。現在はベンチャー・スタートアップ特化型の転職エージェント、エックスエージェント株式会社の代表を務める。

転職エージェントに聞く転職成功の秘訣!

転職エージェントインタビュー

転職で成功する人と失敗する人の違いは何だと思いますか?

最近は大手からベンチャー企業への転職希望も増えてきましたが、前職で優秀な実績を残している方でも、中々転職が決まらなかったり、転職先で苦しんでいるケースも少なくありません。

そういった方々に見られる特徴として、「大手企業の看板」と「自分の本来の実力」を見誤っていたり、自ら新しいチャレンジをしたいという熱意がない、といった点が挙げられます。

一方、転職に成功している人は、「市場における自分の価値」と、「〜〜がやりたいという熱意」の2点を具体的に言語化できており、かつそれが一貫性を持っています。

よく聞く笑い話で、「私の価値は、部長ができるところです!」と自分の魅力を役職名で答えてしまう人がいたというエピソードがありますが、それに象徴されるように、転職が上手くいかない方の多くは、自分の市場価値を客観的に認識できていません。

自分の市場価値を正しく認識するためには、過去の成果を具体的に客観的に振り返ってみることが大切です。

どんな環境で、どんな立場で、何に取り組んだことで成果を出せたのか。そこで発揮できた自分の力はなんなのか。課題は何で、次に活かせるものは何なのか。

これが分かれば、次の転職先でも仕事の「再現性」が高まりますし、「一貫性」のあるキャリアを構築しやすくなります。

また、自らの意思はとても重要で「将来こうなりたい」「そのためにはこれを学びたい!」というものがないと、転職先はもとより、理想的なライフプラン、キャリアプランを描くのは難しいです。

転職というものは、選択時点での唯一無二の正解はなく、自分の意思のもと選択したものを正解にもっていくまで頑張る。ということがとても大切なのです。

そのためには、まず自分の心の奥底にある欲望や欲求を、周囲の方や転職エージェントと一緒に見つめ直してみるのが良いと思います。

転職エージェントを使うメリット・デメリットは何ですか?

一番のメリットは、第三者の視点で自分の市場価値を客観視してもらえる点ですね。

ご自身の価値が、どこにどれくらいあるのか分からないという方でも、転職エージェントと話すことよって、自分の価値がハッキリと見えてきたり、ズレていた自己認識を修正することもできます。

また、紹介先企業の詳細を把握しているエージェントであれば、プロの視点から最適な求人を選定してもらえるところも大きなメリットです。

自己応募だと、「社長がどんな人か」「自身のスキルや強みが転職先で活かせるのか」「上司やメンバーと合いそうか」などの細かいところまで知ることは中々難しいはずです。

そんな時に、豊富な情報と経験を持つ転職エージェントは、強い味方になるはずです。

一方、デメリットとしては、紹介が転職エージェントが保有している求人だけに限定されるという点です。

転職エージェント以外で求人を探せば、もっと多くの企業が見つかる可能性はあります。

また、相談するエージェントによりけりですが、転職が決まりやすい会社だけ紹介されることもありえます。

エージェントは、紹介先企業から入社決定者の年収の30%程度の報酬をもらうことが一般的です。

目先の利益を優先する転職エージェントは、求職者に本当に合った求人ではなく、決まりやすい求人だけを紹介するかもしれません。あくまで可能性の話ですが、ゼロとは言い切れません。

担当エージェントが自分に合わない、提案内容に納得感が持てないと感じたら、そのエージェントと付き合いを辞めるという選択も必要です。

個人的におすすめの方法は、総合型と専門特化型のエージェントを両方使うことです。

一般的に大手総合型エージェントは膨大な求人を保有しており、また専門特化型エージェントは業界や会社の詳しい情報を持っています。

双方の良い面を上手く利用することで、自分に合った企業選びの精度を上げられます。

エックスエージェント株式会社は、どんな転職エージェント?

転職エージェントインタビュー

御社の得意な転職支援領域を教えてください

エックスエージェントは、ベンチャー・スタートアップ企業に特化しています。

求人企業の経営者や役員と創業時から付き合いのある会社も多く、業種としては、IT・ネットビジネス中心になります。レイヤーについてはCxO・管理職クラスから第二新卒まで、職種も営業・エンジニア・CS・バックオフィスなど問わず幅広いポジションで転職支援を行なっています。

私自身が大手企業2社を経験した後に、スタートアップ創業を経験しているので、大手・スタートアップ双方の環境や働き方を熟知しています。

両者の視点からアドバイスできる点は、他の転職エージェントにはない強みだと思っています。

求人を紹介させて頂く際は、紹介先企業の「ビジネスモデル」「マーケットから見た事業の成長性」「社長の人柄・価値観」「職場環境」といった点も含め細かく説明させていただきます。

候補者の転職成功のために大切にしていることは何ですか?

「キャリアプラン」だけではなく「ライフプラン」を確認することですね。

転職やキャリアチェンジは理想のライフプランを実現するための手段でしかないと考えています。また、当然ですがどんな価値観に最も重きを置くかは、人それぞれ違います。

家族との時間がほしい、お金がほしい、起業のための経験を積みたい……など、個人が持っている価値観を理解した上で転職支援をすることで、転職後も候補者の方が活き活きと働けるのではないかと思っています。

印象に残っている候補者の転職成功エピソードを教えてください。

お二方お話させてください。1人目は、地方の市役所からスタートアップに転職した方のお話です。

ご相談内容は、「今度、上京することになり東京で仕事を探しているが、自分に合う求人が分からないから相談したい」というものでした。

相談者は、とくにベンチャー・スタートアップを強く志望していたわけではありません。

ただ、色々お伺いすると、その方は市役所で窓口対応を大変丁寧に行われており、とてもホスピタリティが溢れたコミュニケーションの取れる方だということが分かりました。また、様々な業務知識も独学で身につけられていました。

そこで、創業2年目のスタートアップ企業のCS(カスタマーサポート)部門を紹介したところ、顧客対応能力の高さとお人柄を評価されて内定。

さらに入社後も着々と成果を挙げられて、会社自体も急成長を果たし上場。入社から約5年経った現在も、CS部門のリーダーとして活躍されています

候補者の方の素養と企業ステージ、求人ニーズが合致した結果、業界も職種も異なる転職が成功。まして役所からスタートアップという、通常では考えられない転職で、私の中でも大変印象深い転職支援事例です。

2人目は、異職種・異業界への転職成功の事例です。

外資系投資銀行勤務の方からのご相談で、その方はその銀行でもトップクラスの成績を納めており、当時の年収は数千万円でした。

はたから見ると順風満帆なキャリアでしたが、ご本人は将来起業したいと考えており、そのためにアプリ開発の知見を身に付けたいというご要望でした。

もちろん、アプリはおろかIT関連の知識もほぼ0。本人はアプリプロデューサー職を希望していましたが、当時すでに30歳を過ぎており、一般的に未経験転職は厳しいと言われる年齢です。

しかし、元々外資系でトップクラスの活躍をされていたことからもわかるように、地頭とビジネスマンとしてのスキルはピカイチでした。

色々と知人のつてをたどっていったところ、とあるベンチャー企業の社長が、その方のポテンシャルを見込んでアプリプロデューサーとして採用してくれました。

年収は前職と比較して大幅に下がりましたが、ご本人はそのポジションで結果を出し、数年後には某アプリ事業の責任者として海外支社長に抜擢されるまでになりました。

現在は、無事独立を果たし、想定したキャリアプランを見事達成しています。

自己応募だったら確実に書類選考でNGになる異業種・異業界へのチャレンジでしたが、候補者の実力と企業側の度量の広さが産んだ、大変印象に残る転職支援事例です。

転職エージェントとして、仕事のやり甲斐を感じるのはどんな時ですか?

求人企業・求職者・転職エージェントの三方良しを実現できた時ですね。

求職者と求人企業の相思相愛の状態を作れ、双方の成長に寄与できた際は、特に嬉しいです。

求職者にある企業をご紹介したら、「もうここの企業しか考えられない」と言われ、企業側も、「今すぐにでもこの人に来てもらいたい」となるケース。つまり一社に一人、一人に一社で転職成功が実現するケース。これが年に何回かはあります。

双方にとって理想のマッチングの実現。転職エージェントとしては常にそれを心がけています。もちろん、転職成功して終わりではありません。その後も個人の方の成長、企業の成長に少しでも寄与できるよう、面談やヒアリングなど事後フォローも行なっています。

エックスエージェント株式会社の転職支援サービスはどんな人に合っている?

転職エージェントインタビュー

 

どんな方に御社の転職支援サービスがおすすめですか?

ベンチャー・スタートアップに興味を持っている方であれば、職種・ポジション問わず大歓迎です。

「特定の会社の特定のポジションに挑戦したい方」「ベンチャーの選考に受からなくて悩んでいる方」「大手企業からベンチャー転職の実態を知りたい方」「起業と転職を悩んでいる方」など、少しでもあてはまりそうな方であれば、気軽にご相談頂きたいです。

私自身の大手企業とスタートアップ双方の経験から、それぞれの特徴や留意点、やり甲斐や魅力を幅広くお伝えさせていただきます。

VC(ベンチャーキャピタル)やエンジェルとのお付き合いも多く、起業経験者でもあるので、候補者によっては起業支援や投資家のご紹介をさせて頂く場合もございます。

転職活動中の人へ一言アドバイスをお願いします。

転職はとにかく「ライフプラン」「キャリアプラン」の両方の観点を持ち、自身の軸を持って決めることが何より大事です。

自分はこれからどんな生き方をしたいのか、何を実現したいのか。今どんなスキルや能力があり、今後は何が必要になるのか。そのためには、どんな企業でどんな経験をすべきか。といった順番で考え、結果として自分の満足した人生を送るための一つの手段として転職をする。という考え方がオススメです。

「まず何から手をつけたらいいかわからない」「やりたいことはあるけど、どんなキャリア選択肢があるのか知らない」「企業についての情報が多すぎて整理できない」という方は転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

 

エックスエージェント株式会社に転職相談をしたい方は以下までご連絡ください。

  • 会社名:エックスエージェント株式会社
  • 住所:東京都品川区大井1-6-3 アゴラ大井町3F
  • 転職支援実績:

年齢・・・20代(62%)、30代(30%)、40代(8%)

職種・・・営業、マーケ、事業企画・商品企画、エンジニア、ディレクター、経営企画、経営管理、CS、その他。

上場・未上場区分・・・上場(22%)、入社後に上場(46%)、未上場(32%)

  • HP:https://www.xagent.jp/
  • アドレス:info@xagent.jp
  • Facebook:https://www.facebook.com/XAgentInc/