転職エージェントとの面談時の服装は私服?スーツ?男女別で説明

Macを操作する女性

転職エージェントの面談にどんな服装で行けばいいか分からない!という転職希望者の方に向けて本記事を執筆しています。

今回は、転職エージェント面談にふさわしい服装マナーや、おすすめのオフィスカジュアルの着こなし方を男女別にご紹介しています。

転職エージェントは、皆さんの転職活動を円滑に進めてくれる転職の強い味方です。疑問を解消して、ありのままの自分で面談に臨めるようにしっかりと準備していきましょう。

転職エージェントとの面談は私服で良い?

注意する女性

転職エージェントとの面談は、企業との面接と異なりますので、基本、「私服でOK」です。

リラックスして面談に臨んでもらうため、スーツより私服で来てもらいたいというエージェントも少なくないようです。

面談では、皆さんの転職理由・志望先の希望条件等に関して、キャリアコンサルタントと話します。出来るだけ自分が落ち着いて話せる服装がベターです。

ただし、面接対策の一環で、「面接時の服装についてアドバイスをもらいたい」という場合はスーツで行くのが良いでしょう

転職面接時におすすめの服装は、志望企業の雰囲気に合わせると良いでしょう。

IT/WEB業界のようにメンバーの多くがオフィスカジュアルで過ごしているという業界から、固めの服装を好む金融業界のような業界まで、服装に対する考え方は業界・企業によって異なります。

志望業界にベストな服装が分からなければ、担当コンサルタントに質問してみると良いでしょう。

面談の服装は、転職エージェントの評価に影響を与える?

付箋を使ってミーティングする女性

基本的には、よっぽどマナーから外れた服装でない限り、転職コンサルタントのフォローに差が出ることはありません

例外として、ファッション・アパレル業界を志望する場合は、服装が企業の選考基準となっていることがあるので、面談の服装が重視される可能性があります。

それ以外の業界であれば、面談の服装は楽な格好でOKです。

ただし、あまりに社会人としてマナーを守れていないと、エージェントから指摘が入ることもあるでしょう

転職エージェントは、紹介した人材が採用された場合に紹介先企業からフィーを貰うビジネスモデルです。

そのため、マナーに欠ける人材を紹介して企業の心証を損ねることは、ビジネス的にもマイナス影響になってしまいます。

エージェントにマナーを守れない人と思われないように、最低限の服装マナーは守っておきたいところです。

【関連記事】20代女性におすすめの転職エージェント一覧

エージェント面談の服装に迷った時のおすすめオフィスカジュアル【男女別】

笑顔の男性

スーツ以外でどのような服装で面談に臨めばいいか迷ってしまう方は、このオフィスカジュアル(ビジネスカジュアル)がおすすめです。

オフィスカジュアルとは、仕事で使う服装ながらもカジュアル要素がある服装のことです。

男性のオフィスカジュアル

男性のビジネスカジュアルのアイテム選びは主に次の6点で構成されます。

《男性のオフィスカジュアルに必須のアイテム》

  • ジャケット
  • シャツ
  • パンツ
  • バッグ
  • ネクタイ

基本的にはスーツではなく、ジャケットとパンツで構成します。

シャツは、ボタンダウン(襟の先端をボタンで止めたシャツ)でノーネクタイでも大丈夫です。

ジャケットは、黒・グレー・ネイビーが無難。シャツは白の襟付き、パンツはベージュ・ブラン・黒といった落ち着いた色のチノパンかスラックスにします。ベルトは必ず着用しましょう。

カジュアルといっても派手な色は避けましょう。基本は、スーツと同じようにシンプルで落ち着いた色合いにするのが良いでしょう。

カバンは、プライベートで使うようなリュックやショルダーバッグはNG。ビジネスで使える黒または茶のブリーフケースやビジネスバッグがおすすめです。

は、黒か茶のビジネスシューズを選びましょう。

女性のオフィスカジュアル

女性のオフィスカジュアルは次の9点で構成されます。

《女性のオフィスカジュアルに必須のアイテム》

  • ジャケット
  • カーディガン
  • ブラウス
  • ストレートパンツ(チノでもOK)
  • スカート
  • パンプス
  • ストッキング
  • バッグ

女性は男性と比べて、オフィスカジュアルの幅が広がります。

全体的に、白やピンク、黄色などの明るい服は爽やかで清潔な印象を与えてくれます。

シャツやカーディガンは、紺や黒、白、ベージュなどのベーシックな色を選びましょう。デザインはシンプルなものを着用しましょう。

ボトムスは、ジーンズやマキシ丈ロングスカートなどはNGです。靴もサンダルやスニーカー、ミュールといったものは避けてください。

ストッキング・タイツの色は、黒を選ばないようにしましょう。黒いストッキングは、フォーマルなイメージがあるかもしれませんが、お葬式をイメージさせてしまう恐れがあります。無難にベージュのストッキングがおすすめです。

は、5センチ以上のヒールはやめましょう。また、サンダル、スニーカー、ブーツも控えた方がいいでしょう。

パンプスはOKなのですが、オープントゥは人によってはカジュアルすぎると感じる人もいるので注意が必要です。

面談の服装マナーを守って、転職エージェントと良好な関係を築こう

転職成功への道

初めて転職エージェントのサービスを利用する方にとっては、面談時の服装も不安ですよね?

基本的には最低限のマナーさえ守っていれば、面談時の服装はさほど気にすることはありません。

転職エージェントと本音で語れるように、自分が最もリラックスできる服装であることが大切です。

しかし、服がヨレヨレ、シワがついてる、汚れが目立つ、こうした基本的なマナーも守れていないようだと、転職エージェントからの印象も良くありません。

転職エージェントは、企業に自分をピーアールしてくれる代理人です。清潔感がある服装を心がけ、気持ち良い人間関係を築けるようにしたいですね。

転職エージェントを上手に活用して、皆さんが最適なキャリアプランを見つけられるとことを応援しています。

【関連記事】全ての20代におすすめの転職エージェント9社を公開!


      data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"