プログラミング言語の年収ランキング!今学ぶべき言語は?

ドル紙幣

プログラマーやエンジニアへの転職を考えたときに、大切にしたいポイントの一つに「年収」があると思います。

プログラマーやSE(システムエンジニア)として仕事をする時に、なるべく給料の高いスキルを身につけたいと考えるのは当然です。

近年のIT技術の発展により、IT業界は人材不足の会社が多く、プログラマー・SEの需要は高まっています。

プログラミングスキルを身につけることが、ご自身の市場価値を高めることに直結するでしょう。

しかし、どのプログラミング言語を選択するかで、平均年収が大きく異なってきます。

そこで今回は、2018年のプログラミング言語別年収ランキングをご紹介します。

また、最後には、トレンドの移り変わりが激しいIT業界において、今後の将来性が期待できるプログラミング言語もまとめてみました。是非ご覧ください。

この記事で分かること
  • 2018年のプログラミング言語別ランキングとその特徴が分かる。
  • 将来性が期待できるプログラミング言語が5つ分かる。

2018年プログラミング言語別年収ランキング

プログラミング

求人検索エンジン「スタンバイ」を運営するビズリーチが2018年の8月7日に出したデータをもとにまとめてみました。

調査方法としては、2018年6月30日に、スタンバイに掲載されている正社員の求人情報の中で「プログラミング言語」が含まれる案件のオファー年収の中央値を集計したものです。

順位言語年収中央値(万円)最大提示年収(万円)求人数(件)
1Go6001,6002,202
2Scala6001,3001,489
3Python575.11,4999,344
4Kotlin5751,200961
5TypeScript5751,200667
6R574.81,000220
7Ruby5501,20011,676
8Swift5501,2003,353
9Perl5251,2004,509
10C5251,0009,347

第1位Go

  • 年収中央値 600万円
  • 最大年収 1,600万円
  • 使用場面 基盤ソフトウェアの開発で採用。今では、ツール・Webサーバーでの活用

米Googleが開発したコンパイル言語です。C言語の置き換えとして、コンテナ型仮想化環境の「Docker」の開発などに採用されています。

国内でもインターネット企業を中心に普及し、第1位となりました。

ビズリーチの調べによると、Goの求人数は2017年と比べて1.9倍に増加しているため、今後もさらに注目されることが予想されますね。

第2位Scala

  • 年収中央値 600万円
  • 最大年収 1,300万円
  • 使用場面 Java仮想マシン上で動作する関数型言語

高い生産性と堅牢性を実現し、オブジェクト型指向言語と関数型言語の特徴を併せ持った言語で、米Twitterや米LinkedInで利用されています。

国内でもインターネト企業で、Scalaの採用企業が増えています。しかしながら、高い需要に対して扱える人材が少ないため、年収が高い傾向にあるようです。

第3位Python

  • 年収中央値 575.1万円
  • 最大年収 1,499万円
  • 使用場面 データ分析・機械学習の分野

研究機関の研究者やデータサイエンティストにより利用されています。

AIの実用化が研究される中で、需要が高まってきた言語です。今後も機械学習や統計分析の活用は進むと考えられているため、需要は伸び続けるでしょう。

求人数も2017年と比べて1.7倍に増加しています。

第4位 Kotlin

  • 年収中央値 575万円
  • 最大年収 1,200万円
  • 使用場面 androidアプリ開発、webサービスの開発

2017年と比べて求人数が5.3倍に増加した言語です。

2017年5月にGoogleがandroidアプリ開発の公式言語として追加したことが話題となって、ニーズが急上昇しました。

また、KotlinはJavaの既存のライブラリを利用できるため、Javaに代わる新たな言語として、需要が高まるとみられています。

実際に、Javaの求人数は3万4,000件と非常に多いですが、2017年と比較すると3割減少しています。(年収中央値は500万円で14位です。)

第5位 TypeScript

  • 年収中央値 575万円
  • 最大年収 1,200万円
  • 使用場面 webサービスのフロントエンド

TypeScriptは、JavaScriptを拡張したプログラミング言語で、米Microsoftが開発しました。

今回の言語ランキングでは、2017年に9位にランクインしたJavaScriptが圏外になった一方で、TypeScriptが第5位に入りました。

2017年4月にGoogle社内の標準言語の一つとして採用されたことで、導入する企業が増え、求人数は昨年の3.2倍となっています。

将来性のあるプログラミング言語は?

PCとコーヒーとペン

これから新しいプログラミング言語を学ぼうとする場合、どの言語を学べばよいでしょうか。

プログラミング言語の将来性は、「若い人材がどの程度その言語を使用するか」が言語人気やリソースの確保につながります。

そこで、今の若者が興味のあるプログラミング言語に注目してまとめてみました。

Stackoverflowのユーザーのデータをもとに発表された「Top Programming Languages to Learn in 2018」をもとに、まとめてみました。

Stackoverflowとは?

コンピュータや情報技術・特にプログラミング技術に関する会員制の情報交換サイトです。

2008年に開始されたサイトで、登録ユーザーは100万人程度になります。

プログラミング言語関心がある人の割合
JavaScript62.5%
SQL51.2%
Java39.7%
C#34.1%
Python32.0%

アメリカのほうが日本よりもエンジニアに対する評価が高いため、アメリカのデータをもとに簡単にご紹介します。

それぞれの言語の使用場面・メリットデメリット・アメリカでの平均年収・取得難易度別で表にまとめてみました。

(SQLはプログラミング言語ではないため、省略します。)

第1位 JavaScript

使用場面
  • ウェブサイトのフロントエンド
  • 分析
  • ウィジェット
メリット
  • スピード
  • 簡易性
  • 融通性
デメリット
  • セキュリティ
  • エンドユーザーへの依存
平均年収(米)US$100,000
習得難易度★★☆☆☆

2018年の言語別平均年収ランキングでは、圏外になってしまったJavaScriptですが、若者の注目は依然としてかなり高いようです。

第2位 Java

使用場面
  • androidとIOSのアプリ開発
  • ビデオゲーム開発
  • GUI
  • ソフトウェア開発
メリット
  • 需要が多い
  • 進化し続ける言語
  • androidのアプリ開発の根本
デメリット
  • お金がかかる
  • 学ぶのにやや時間がかかる
  • 起動時間が遅い
平均年収(米)US$102,000
習得難易度★★★☆☆

プログラミングと言えばJavaという人も多いのではないでしょうか。昔から存在する言語ですが、いまだに人気があります。

第3位 C#

使用場面
  • Windowsのアプリケーション
  • ビジネスエンタープライズアプリケーション
  • ソフトウェア開発
メリット
  • 安定性とインターネット向け仕様の両方を持つ
  • プログラムの互換性が高い
  • グラフィック・サウンドなどの機能が豊富
デメリット
  • OS開発は出来ない
  • Linux環境での開発が困難
平均年収(米)US$102,000
習得難易度★★★☆☆

Microsoftが開発したオブジェクト指向プログラミング言語である、C♯が第3位にランクインしました。

NET Frameworkという動作環境を生かしてアプリケーション開発ができるようにデザインされた言語です。

第4位 Python

使用場面
  • web開発
  • ビデオゲーム開発
  • デスクトップGUI
  • ソフトウェア開発
メリット
  • 学びやすい
  • 利用用途が広い
  • IoTに活用可能
デメリット
  • スピードが遅い
  • 日本語サポートが少ない
  • モバイルに向いてない
平均年収(米)US$107,000
習得難易度★☆☆☆☆

言語別年収ランキングでも、3位にランクインしていたPythonが将来性でも4位にランクインしています。AIやIoT技術の発展に興味を持つ人が多いからでしょうか。

ただしAIは、現在バブル気味に過熱している技術ですので、とりあえず飛びつくのはやめておきましょう。

おわりに

転職成功への道

プログラミング言語は、移り変わりが早く今のトレンドを押さえることが大切です。

2018年のランキングでは「Go」が第1位になりましたが、この傾向が3年後も続くとは限りません。

今すぐ転職をするために、新たな言語をマスターしたいといった方は、一度プロのキャリアコンサルタントにアドバイスをもらってみてもいいかもしれませんね。


      data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"