転職面接のスーツの選び方は?適切な服装とマナー

ポイントを指す女性

転職面接のスーツの着こなし方は大切です。

しかし、普段スーツを来ている人ならまだしも、あまりスーツを着る機会がないと困ってしまう方も多いのではないでしょうか。

面接官の第一印象は服装で決まるといっても過言ではありません。

今回は、転職活動で適切なスーツの選び方や面接時の服装マナーをまとめました。

転職面接のスーツの基本マナー

6人のスーツ姿の男女

面接で大事なスーツの着こなしポイントは以下の2点です。

《転職面接のスーツのポイント》

  1. 清潔感
  2. 適切なサイズ選び

転職面接では、ブランドやお洒落さよりも、節度ある服装ができるかが大切です。

もちろん相手企業の業界によって、スタンダードな服装は変わってくる。とはいえ、その会社の標準が分からなければ何よりもキレイで身の丈にあったスーツであることが重要といえるでしょう。

普段、外回りでスーツを切る人まだしも、私服勤務をしている人は特に注意しましょう。

年齢とともに体型は変化していきますので、久々に着たスーツがダボダボになっていた。裾が短くなっていた、となることもありえます。

サイズ、丈の長さ、ボタンなどの細かいところまで気を付けられている人はそれだけで、印象アップ。

服装マナーで他の応募者と差がつかないように面接前に今一度スーツを着てみてはいかがでしょうか。

転職の面接時にリクルートスーツを着てもいい?

ガッツポーズするビジネスマン

転職の面接でリクルートスーツを着るのは控えた方が良いでしょう

リクルートスーツは、本来大学生が就活時に着る無地の黒いスーツです。転職の面接は、これまでの社会人経験やスキルをアピールする場。

そのため、リクルートスーツでは、学生っぽさが拭えず、頼りない印象を与えてしまう可能性があります。

特に、30代のビジネスマンがリクルートスーツを着ているようだと、社会人として不信感を感じさせてしまうかもしれません。十分気をつけた方が良いでしょう。

転職の面接にふさわしいスーツやシャツの選び方

図を見せながら説明する仕事中の女性

男性のスーツ・シャツ・靴等の選び方

・スーツ、シャツ

黒・グレー・紺色のスーツはどの業界や職種であっても清潔感があるので、好印象を与えることができます。

デザインは、はっきりとラインが入ったものや光沢がありすぎる生地、チェック柄は避けるようにしましょう。迷ったら、無地もしくは薄めのストライプがおすすめです。

ボタンの数は2つか3つであればどちらでも大丈夫です。ただし、ボタンの留め方には気をつけましょう。

2つボタンの場合は上のボタン、3つボタンの場合は真ん中を留めるようにしましょう。一番下のボタンを閉めるのはNGです。

シャツの色は、白が基本です。襟が首の付け根付近にある小さなボタンで留められているタイプのシャツ(ボタンダウンシャツ)は、カジュアルなシーンで着るものなので避けましょう。

また、第一ボタンのところにボタンが二つある襟が高いシャツ(ドゥエボットーニ)は、ネクタイが下がってしまうことがあるので面接では控えた方がいいかもしれません。

・ネクタイ

色や柄に決まりはないですが,派手なものは避け,シンプルかつ一般的なものが良いでしょう。

NGなのは、「白や黒」のネクタイ、「キャラクラー」ネクタイ、「ピンク・ゴールドなど奇抜な色」のネクタイです。

・靴

黒あるいは茶色の紐履が定番です。紐ではなくストラップで留める形式の靴(文句シューズ)は、企業によってはラフな印象を与えてしまう可能性があります。

・鞄

靴と同じ色が無難です。面接中、鞄は足元におくことが多いので、床に置いた時に自立するタイプが見た目もよくおすすめです。

素材は、ナイロン製や革製が良いでしょう。普段使っているリュックやトートバックはNGです。

女性のスーツ・インナー・靴等の選び方

・スーツ

黒・紺・グレーのシンプルなスーツが好まれます。白やベージュは、カジュアルさを感じさせてしまうので避けるのが無難です。

柄は、派手すぎないものを選びましょう。無地またはピンストライプがおすすめです。男性に比べると少しデザイン性があっても大丈夫なところが多いです。

スカートの場合は、座ったときに膝から5センチ以内に収まるようにすると良いでしょう。短すぎると清楚感に欠けるので気を付けてください。また、パンツスーツでも問題ありません。

パンツスーツの際は、ヒールの付け根から数ミリ下に裾がくる程度がキレイに見えます。ベルトは靴を同じ色で揃えましょう。

ただし、職種によっては、使い分けが必要なケースもあるので気をつけてください。

例えば、営業職などの活発さが求められる職種ではパンツスーツは適切でしょう。

しかし、受付や秘書等の落ち着いた雰囲気を求められる職種では、スカートの方が好印象になるかもしれません。

・インナー

シャツ・ブラウス・カットソーのうち、どれを着ても大丈夫です。

色もこれといった決まりはありませんが、ラフでカジュアルしぐるものは控えましょう。デザインがシンプルであり,清楚感があるものが良いです。

ただし、紺や黒のスーツを着ている場合、白いインナーは就活生のような初々しさを感じさせてしまうため、キャリアをアピールしたい時には避けた方がよさそうです。

・靴

基本はスーツに合わせるのが鉄則です。しかし、男性と違い、黒や茶色だけではなく、ベージュや淡いピンクのような色でもスーツとあっていて統一感があればOKです。

つま先やかかとが見えるオープントゥ、バックストラップ、ハイヒールやスニーカーは印象が悪いので辞めておきましょう。

・鞄

こちらは男性と同じで黒や靴と同じ色にしましょう。

書類を折らずに入れられるようにA4サイズのビジネスバッグが無難です。ブランドバッグやトートバッグ、リュックはNGです。

正しいスーツサイズの選び方

体形に合ってないスーツは、だらしない印象を与えるので、正しいサイズのスーツを選びましょう。

まずスーツを試着し、リラックスした状態にしてください。その時に不自然なしわが出来ていたら、サイズが合っていません。

また、スーツの背広の裾部分に入っている切れ目(スリット/ペント)が開いている場合はサイズが小さいのでサイズを大きくする必要があります。

服装自由の面接、何を着ればいい?

転職の面接に臨む女性

面接は服装自由でお越しください」 と言われた時にはどのような格好をしていけばいいのか迷う方も多いと思います。

企業が服装自由としている理由はいくつか挙げられます。

  • 普段から社員が私服勤務しているため、自由な社風アピールするのとリラックスして面接に望んでもらいたいという場合。主にIT・クリエイティブ業界。
  • アパレル業界等、ファッションセンスが問われる業界で服装そのものが評価対象になる場合

2つ目の場合は私服でいく必要がありますが、「自由な社風をアピールしたい」「リラックスして選考に来てもらいたい」という企業の場合、迷ったらビジネススーツで行くのが無難です。

転職面接の基本はスーツですので、スーツで行ったからといってマイナス評価になることは少ないと思われます。

転職面接の服装Q&A!夏や冬の面接で適切な服装は?

Q&A

「夏の面接は多少ラフな服装でも良いの?」「冬の防寒対策はどこまでやっていいの?」という疑問があると思います。

以下ではそれの参考になる情報をあげています。

夏にクールビズはOK?

クールビズと世間では言われていますが、特に企業側から指定がない場合は、上着とネクタイを着用しましょう。

クールビズでお越し下さいと指定があった場合はノーネクタイでも構いません。

面接の場で「上着は脱いで結構です」と言われる場合も想定して、長袖のワイシャツを着ておくと良いでしょう。

冬のコート・防寒着で注意するべきことは?

寒い日には、コートが欠かせません。

ただし、面接会場についたらコートは脱ぎましょう。面接を受けている間はカバンの上かイスの背もたれに二つ折りでかけ、退室後もすぐに着用せず、会社を出てから着てください。基本マナーは大切です。

また、ジャケットの下にセーターは着ないほうが良いでしょう。着膨れをして野暮ったい印象を与えてしまうのと、場合によってはカジュアルすぎると思われる可能性もあります。

転職は、面接前の服装チェックを怠らずに

ヒントを出すスーツ姿の男性

最後に簡単な服装チェック項目をまとめます。

《転職面接前の服装チェックポイント》

  1. スーツ全体にしわがないか
  2. シャツの袖口が汚れていないか
  3. ベルトと靴の色は合っているか
  4. 靴に汚れや傷はないか
  5. ベルトは傷んでないか

転職の場面では職歴はもちろんのことながら、その人の雰囲気を見られています。

印象の8割を決めているといわれている外見を意識することは避けて通れないことです。

今まで見てきたことを実際に実践して、面接官により良い印象を与えるよう心掛けましょう。


      data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"