転職面接で緊張しないための5つの準備と面接当日の心構え

暗い顔をしたキャリアウーマン

転職活動で避けて通れない面接は、何回経験を積んでも緊張するものです。

今回は、そんな転職希望者に向けて転職面接で緊張しないためのポイントをご紹介します。

POINT前日までにやるべき転職面接で緊張しないための準備

当日にできる!転職面接の緊張をほぐす方法

転職面接で緊張しないための考え方

転職面接で緊張しないための5つの準備【前日までにやること】

アイデアとヒント

面接会場で慌てないためにも、面接を受ける前の準備が大切になってきます。

事前にできることは5つあります。

①企業研究を徹底的に行う

他の応募者よりも、応募先企業のことを調べてきたと思えば、自分に自信が持て、転職面接当日の緊張が和らぎます。

では、どのような企業研究の方法が良いのでしょうか。

一般的な求人情報に書かれている応募職種の業務内容は、応募者の多くが目を通すため差がつきません。

したがって、企業のホームページを見て、応募職種以外にも目を通し、応募先企業の事業内容を調べましょう。

また、株式・最近のニュースのチェックし、製品やサービスを実際に使ってみて企業についての情報の引き出しを増やしておくのもおすすめです。

異業界への転職を考えている方は、応募先企業のことだけではなく、業界全体の動向を知っておくと良いでしょう。

面接当日の逆質問を考えながら調べるのもいいですね。

②自己分析で、長所や短所を自覚する

あなた自身のキャリアの棚卸しは念入りにしましょう。

キャリアの棚卸しとは、これまで携わった職務内容と期間を振り返り、キャリアの実績や評価について書きだすことです。

転職面接前に応募先企業で活かせる自分の過去の職務経験を探しましょう。

自分の考え方や今後のキャリアについての想いを整理してば、当日の緊張も和らぐはずです。

③よくある質問への回答準備をする

転職面接では、「前職での経験」「退職理由」「志望動機」といったよく聞かれる質問が存在します。

転職の面接でよく聞かれる質問や、今までの面接で聞かれたことがある質問、あなたが履歴書や職務経歴書に記入したことに関する質問については、予め「回答」を用意しておくべきです。

まず、一度紙に文章で書き起こしてみましょう。

しかし、作った文章の丸暗記はNGです。丸暗記をしていると、面接官の質問に対して不自然な回答になってしまう場合があるからです。

完成した文章からキーワードのみを覚えて、伝えたいことを面接で話せるようになりましょう。

④面接のシミュレーションを行う

自分一人でも転職の面接練習をすることは可能です。

鏡の前で自分の表情を見ながら話してみたり、動画で自分の面接を撮影したりすることで、自分の癖や客観的に見た場合の改善点を見つけることができます。

また、転職エージェントを活用している方は、模擬面接をしてもらいましょう。フィードバックをもらいながら、自分の面接を見直すことができるでしょう。

⑤面接慣れのために失敗を恐れない

転職活動中の面接は場数を踏むことが大事です。1社目から、自分が思った通りに話すことはなかなか難しいでしょう。

面接の回数を重ねるごとに、通過した面接と惜しくも落ちてしまった面接が出てきます。

その中で、よくある質問や自分の答えに対する面接官の反応を見て、面接の答えの内容をより良くしていきましょう。

転職活動の面接を一発勝負と考えず、落ちたとしても次の面接の改善に繋げることが大切です。

転職面接で緊張しないための3つの準備【当日できること】

一致団結

転職面接当日にも緊張をほぐすためにできることは存在します。

以下では、面接が始まる前までに、取り組んでみると緊張しにくくなる方法を3つご説明します。

①気分が上がるBGMを聞く

自分の感情をポジティブに変えるために、応募先企業に到着する前に好きな曲や元気が出る曲を聞いてみましょう。

転職面接直前に自分の好きな曲を聞いて、ポジティブな気持ちで面接に臨めれば、多少の緊張があってもあなたの想いは面接官へ届くでしょう。

②体を動かす

面接前に軽いストレッチを行うことで、手首の震え等の体の緊張を解消することができます。

大きく伸びをしたり、手首を回したり、手をぎゅっと握って開くを繰り返したり、ふくらはぎをマッサージしたり、足の指を動かしてみるといったことでもリラックス効果が期待できます。

③思いっきり笑う

転職面接前に、家族と電話するなど誰かと話して、大きく笑うことで緊張がほぐれるものです。

1人で思いつめてしまうと、どうしても緊張が増してくるもの。そうした時は周囲の助けを借りて、自分の気分を変えていきましょう。

転職面接で緊張しないための考え方【面接中に意識しよう】

転職の面接中

明日から使える、転職の面接中に意識しておくとよいことをご説明します。

転職面接で緊張するのは当たり前

面接が始まったら、「緊張してしまうこと」について深く考えすぎないようにしましょう。

特に志望度が高い企業であれば、緊張するのは当たり前なのです。

「声が上ずっている」「手が震えている」「心拍数が上がっている」といった、緊張している自分を自覚し、楽しむくらいの気持ちを持てるといいですね。

緊張でうまく言えなかったら

面接で緊張することは悪いことではありません。

面接官に対して、最初に「本日は貴重なお時間を頂きましてありがとうございます。緊張しておりうまくお伝え出来ないこともあるかのしれませんが、よろしくお願いいたします。」と言ってしまうのも一つの手です。

また、予想しなかった質問でとっさにうまく答えられなかったと感じた場合にも、「もう一度説明させていただけますか。」と言えば、自然と余裕も出てくるでしょう。

緊張しても前向きな気持ちだけは忘れないで

緊張のせいで、事前準備の成果をうまく出せていない回答をしてしまった場合にも、転職への前向きな姿勢でカバーすることができます。

例えば、企業理解に関する質問で分からなかった場合、「申し訳ありません。私の勉強不足で調べられておりません。入社までに学んでおきます。」といった返答で、謙虚に答え、今後の意欲で補いましょう。

面接官を見て、はっきりと話す

人は緊張すると、どうしても早口で話してしまいがちです。

あなたの普段の声よりやや大きめの声で語尾まではっきりと話すように意識しましょう。

そうすることで、採用担当者へ落ち着いた印象を与えることができます。

面接の緊張を乗り越えて、転職を成功させよう

大喜びする男性

今まで、転職を成功させてきた方のほとんどは、面接での緊張を乗り越えて、内定を勝ち取っています。

この記事を読んだ方も是非、徹底した事前準備と面接練習によって、緊張の度合いを抑え、面接を頑張ってください。


      data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"