転職面接の私服マナー!季節ごとに最適な服装を男女別で紹介!

笑顔の女性

転職面接で「私服」を指定されたら何を着ていこうか迷いますよね。

また「服装自由」の面接も同様に、私服とスーツどちらで行くべきか迷うところです。

近年、中途採用で私服面接を行う企業が増えてきたため、面接にふさわしい私服に悩む応募者が増えてきています。

服装は応募者の方の印象を左右する大事なものですので、好印象につながる面接の服装マナーを抑えておくことは重要です。

本記事のポイント

  • 転職活動中の私服面接マナー
  • 採用担当者が私服面接でチェックしている点
  • 【男女別・季節別】転職面接にふさわしい私服とは
  • 私服面接でよくあるQ&A(靴・髪型など)で疑問を解消できる。

転職の面接、私服で行っていいのはどんな時?

クエスチョン

転職面接で企業から事前に服装に関する連絡がくると思います。しかし、「服装自由」「カジュアルな服装」等と指定があった場合は、私服とスーツどちらで面接に行けばいいか迷ってしまいますね。

企業側から伝えられた「服装指定の表記」によって、必ず私服で行く必要があるかスーツを着用しても構わないかを判断してください。

私服が必須スーツを着用可
  • 私服でお越しください。
  • あなたらしい服装でお越しください。
  • カジュアルな服装でお越しください。
  • 私服でも構いません。
  • 服装自由です。

「私服」「あなたらしい服装」「カジュアルな服装」と言われた場合、私服で行ったほうが良いでしょう。

ただし、転職面接における私服は普段着ではありません。企業側はビジネスカジュアルを指しています。具体的な服装は後の章で男女別に解説させて頂きます。

「私服可」「服装自由」という表記の場合は、スーツを着用しても大丈夫です。業界にもよりますが、このような表記だとスーツを着用した人のほうが多い場合もあります。

もちろん、私服でもスーツでも合否に影響はありません。

採用担当者が私服面接で見ているポイント

ポイント

具体的な服装マナーを見ていく前に、採用担当者が私服面接でチェックしているポイントを押さえておきましょう。

企業の採用担当は、主に以下の3点をチェックしています。

①ビジネスマナー

私服面接とはいえ、お互いが初めて会うビジネスの場です。「一般常識があるか」「ビジネスにふさわしい常識ある服装を選べるか」が見られます。

②清潔感

応募者の方の第一印象が決まるのは服装です。ご自身の体格に合った服装をチョイスできているかが確認されています。「一緒に働きたい」と思ってもらえるようなさわやかな服を選びましょう。

③応募企業の社風と合うか

面接官は、応募者が自社で働くことになった場合に「取引先と会えるか」「社内で浮かないか」をチェックします。応募先企業のホームページを見てみて、実際に働く社員の人の写真を参考にして服装を選ぶと安心です。

私服といえど、転職活動ではビジネスマナーを守っていることが大切です。常識ある服装で臨みましょう。

なお、アパレル業界は別として、基本的にファッションセンスが問われることはありません。

転職の私服面接で押さえておくべき服装マナー!服の色や鞄、靴は?

笑顔でMTGする仕事中の男女

私服面接において、男女共通で押さえておきたい「服の色」「カバン」「靴」のマナーを3つ紹介します。

服の色

性別関係なく基本的には、ベーシックな色合いを選んでおくと無難です。黒・グレー・白・紺・茶などが定番の色と言えるえしょう。

上下の色を揃えれば、きれいにまとめることが可能です。人事担当者にちょっと明るい印象をアピールしたい場合は、インナーに白やパステルカラーのような明るめの色を持ってくると良いでしょう。

表にまとめると、以下のようになります。

アウター黒・紺・グレー・茶の襟付きジャケット
インナー
  • (男性)白・グレー・薄い青やピンク等のシャツ
  • (女性)白・パステルカラーのブラウス/シャツ
パンツ
  • (男性)黒・紺・グレー・茶のスラックス/チノパン
  • (女性)黒・紺・グレー・茶のスカート/パンツ
  • (男性)黒・茶系の革靴
  • (女性)黒・茶・紺・グレーのパンプス

カバン

転職活動で使うカバンを選ぶうえで大切にしたいポイントを表にまとめました。

  • (男性)靴と同じ色
  • (女性)黒・紺・白・ベージュ・茶など落ち着いた色
素材革・合皮(ナイロンでも構わないが、社会人らしいものを)
大きさA4サイズの書類を折らずに入れられる大きさ
形状床に置いたときに自立するもの(面接中に床に置くため)

リュックサックはカジュアルすぎるため、私服面接であってもリュックサックの使用は極力避けます。また、一目でブランドものだと分かるバッグは企業からの印象が良くないため、避けましょう。

転職の面接で使用する靴は「サンダル」「スニーカー」「ブーツ」「ミュール」は避けます。私服面接といえど、ビジネスの場で使用可能な靴を履くのが無難です。

男性であれば、黒か茶色のビジネスシューズを、女性であれば5㎝前後の高さの革製のパンプスがオススメです。

アクセサリー

転職面接中は「腕時計以外のアクセサリーは全て外す」ことが基本だとお考え下さい。

ピアス・ネックレス・リングなどの装飾品は、面接の日は外しておきましょう。結婚指輪は装飾品ではないため着用しても問題ありません。

女性の場合、小さめのアクセサリーであれば許容されることもありますが、心配であれば腕時計以外着用しないことをオススメします。

転職面接の私服対策!春夏秋冬のおすすめファッション【女性編】

図を見せながら説明する仕事中の女性

私服面接にふさわしい女性の服装を季節ごとにご紹介します。

応募先企業の雰囲気に合ったイメージで服装を選ぶことが大切です。

春・秋

OKコーデ
  • テーラードジャケット
  • カーディガン
  • シャツ
  • ブラウス
  • (無地/柄が小さい)ワンピース
NGコーデ
  • 革ジャン
  • Gジャン
  • パーカー
  • デニム/ダメージジーンズ
  • ショートパンツ
  • ワイドパンツ

夏でも薄手のジャケットを用意しておくといいです。インナーを半袖にするといった工夫で暑さに対処しましょう。

暑い夏ですが、面接ではパンツ/スカートに関わらず、ベージュのストッキングの着用がマナーです。

OKコーデ
  • テーラードジャケット
  • カーディガン
NGコーデ
  • ノースリーブ(インナーとして着用し、ジャケットやカーディガンを脱がなければOK)
  • ロングカーディガン
  • ショートパンツ
  • ミニスカート
  • 素足
  • その他露出が多い服装

寒い日であっても、黒のタイツは避けてベージュのストッキングを着用しましょう。

OKコーデ
  • ジャケット
  • シャツ/ブラウス
  • (インナーとして)薄手のニット
NGコーデ
  • 黒のタイツ/ストッキング
  • 白色のコート
  • ダウン/レザー/柄物/ファー付きのコート

転職面接の私服対策!春夏秋冬のおすすめファッション【男性編】

笑顔の男性

続いて20代~30代向けの男性用の服装を、季節ごとにご紹介します。

オフィスで働くイメージを持って服装を選んでくださいね。

春・秋

襟付きのシャツを着用すれば、フォーマルな面接にもぴったりです。シャツの色は白である必要はありません。

OKコーデ
  • テーラードジャケット
  • シャツ
  • チノパン
  • スラックス
NGコーデ
  • 革ジャン
  • Gジャン
  • パーカー
  • デニム/ダメージジーンズ

夏でも薄手のジャケットを用意しておくと良い印象が与えられます。

半袖シャツの着用が認められるかは業界によります。企業に合わせた服装を選ぶようにしてください。

OKコーデ
  • テーラードジャケット
  • ポロシャツ
  • 長袖シャツ
  • チノパン
  • スラックス
NGコーデ
  • アロハシャツ
  • タンクトップ
  • Tシャツ
  • 半ズボン
  • ワイドパンツ
  • サンダル

シャツの上にジャケットを羽織りるのが定番のスタイルでしょう。

OKコーデ
  • ジャケット
  • シャツ
  • (インナーとして)ニット
  • チノパン
  • スラックス
  • ステンカラーコート
  • チェスターコート
  • トレンチコート
NGコーデ
  • カジュアルなコート(ダウン/レザー/ミリタリーなど)

転職の私服面接Q&A!髪型は?スニーカーでもいい?

Q&A

髪型はどれくらいフォーマルにすべきですか?

明確な答えはありませんが、「ビジネスの場にふさわしい髪型」というのが答えになります。

私服面接だからと言って、過度なパーマや一般常識から外れた髪型はNGです。おしゃれをする必要もありません。帽子の着用もNGです。

カーディガンを着用しても大丈夫ですか?

面接時のカーディガンの着用は問題ありません。しかしロングカーディガンは面接には不向きです。

転職では、裾が腰のあたりに来るノーマルなタイプのカーディガンを選びましょう。

靴はスニーカーでもいいですか?

スニーカーはNGです。フォーマルな転職面接にはふさわしくありません。

男性であれば黒か茶色の革靴を、女性であれば革製で装飾がついていないパンプスを選択しましょう。

私服面接でワイドパンツは不適切ですか?

バイトの面接レベルならワイドパンツでも構いません。しかし、中途採用の面接ではワイドパンツは不適切です。

 

おわりに

高層ビル

私服面接と言われたら、かえって服装の選択に悩んでしまいますよね。でも「取引先へ訪問できるか」「ビジネスシーンでも使えるか」といったことを念頭に置いて服装を選べば、そんなに難しいことはありません。

企業からは「私服」との表現がなされますが「オフィスカジュアル」「ビジネスカジュアル」だと思うと考えやすいです。

この記事でご紹介した、転職面接の場にふさわしくない格好を避けて面接に臨んでください。