転職用履歴書の写真の正しい撮り方!服装や髪型、撮影場所は?

Macが置いてあるオフィス

転職活動の最初に提出する履歴書には、写真を貼るスペースがありますね。

即戦力として期待できるかが採用基準となる中途採用においても、写真は大切なのでしょうか。

答えは、yesです。

もちろん企業は、容姿で合否を判断しようとしているわけではありません。ただ、履歴書の写真で応募者の雰囲気を知ろうとしています。

したがって履歴書の写真は、あなたの第一印象を良くするために重要になってきます。

そこで今回は、好印象を与えられる写真を撮るために心がけること、撮影場所、当日の身だしなみについてご説明していきます。

転職の履歴書写真の基本的なルール

フローチャート

ではまず、履歴書の写真撮影にあたって基本的な決まりを5点お伝えします。

  • 写真のサイズは横3㎝×縦4㎝を使用。カラー写真にする。スナップ写真を切って貼るのはNG
  • 写真は3か月以内に撮影したものを利用。
  • 裏面に氏名と撮影日を書く。(多くの書類を重ねる時に、写真がはがれる場合があるため。)
  • セロハンテープの使用は避ける。(糊か両面テープを使用。)
  • パソコンで作成した場合も、現物の写真を貼る方が望ましい。

履歴書写真の撮影場所は写真館や撮影スタジオがベスト!

アドバイスするキャリアウーマン

写真撮影は、スピード写真や自撮りといった方法もありますが、一番は写真館での撮影です。

写真館を選ぶメリットとデメリット

写真館を利用する場合のメリットとデメリットを表にまとめました。

メリットデメリット
  • 光の当て方を調整して、きれいに仕上げてもらえる。
  • 姿勢のゆがみ・顔の角度を調整してもらえる。
  • ヘアメークアップアーティストさんがいるスタジオでは、メイクをお願いできる。
  • 画像データをもらえる。
  • 顔色や肌荒れの修正が可能。
  • 時間がかかる。(撮影時間、予約)
  • 他の方法で写真を撮るよりも、料金が高い。

少々値が張りますが、転職時の印象を良くするためと思って、写真館を利用してはいかがでしょうか。

写真館はどうやって選べばいい?

お店選びで留意すべき点は、以下の3点です。

  1. 写真の撮り直しは可能か。
  2. 写真は修整してもらえるか。
  3. 画像データはもらえるか。

この3つを確認し、ヘアメイクの有無を決めて、ご希望の料金に近い写真館を選べば問題ないでしょう。

履歴書の写真撮影当日の身だしなみは?服装から髪形・表情のコツ

笑顔の女性

企業は、応募者の身だしなみで人となりを判断します。面接当日だけでなく、履歴書の写真も気を抜かないようにしましょう。しわがあるスーツやシャツの着用は避けるのは当然です。

男性・女性ともに服装はスーツが望ましい

特に営業職志望の場合、スーツ姿以外の服装は印象を損ねる可能性が高いです。スーツ以外の場合も、襟のあるシャツやジャケットを着用しましょう。

  • 男性の場合

スーツは黒や紺といった濃いめの色を着用し、シャツは白無地が無難です。ストライプは避けることが多いです。

ネクタイは、赤・青・黄色を選ぶとよいでしょう。ピンク・紫・季節感のない色・白・黒・グレーはNGです。ディンプル(結び目の下のくぼみ)を中央に持ってきて形を整えたら、タイピンで固定しておきましょう。

  • 女性の場合

スーツは黒か紺、またはグレーなど濃いめの色を着用し、ブラウスやインナーは白が良いでしょう。

胸元が開きすぎていると、だらしない印象を与えてしまうので注意しましょう。

髪形は清潔感を意識して

履歴書の背景は無地であるため、少しの髪の乱れが目立ってしまいます。撮影直前に、髪形を確認しましょう。

髪色は、黒が無難でしょう。固い業界への転職をお考えの方は、黒がマストです。

女性の場合は、ダークブラウンまで許容される場合がありますが、髪を染めていると減点されてしまう場合があります。黒は、減点も加点もないので、ありのままの自分で勝負できる色だと言えます。

  • 男性の場合

程よい短髪が良いです。前髪が眉にかからないように、額はなるべく出しましょう。ワックスで軽くまとめ、耳周りのボリュームを抑えてスッキリとさせます。

  • 女性の場合

前髪やサイドの髪で顔を隠さないようにします。暗い印象になるのを避けるためです。

ロングヘアーの方は、後ろに流すか一つにまとめましょう。ショートやボブの方は、髪を耳にかけるかハーフアップにすると良いでしょう。

履歴書の写真に適した表情やメイク

好印象を与えられる写真にするための表情についてご説明します。

  • 眉毛、髭を整える。

眉尻の位置が眉頭より下にあると、自身なさげな印象を与えてしまいます。眉の下部に生えている毛はカットしましょう。

また男性の方は、髭はきれいに剃りましょう。

  • 顎を強く引きすぎない。

写真撮影の際に、小顔効果や目を大きく見せるために、普段から顎を引く方もいるかもしれません。

しかし、証明写真で顎を引きすぎると、目元がきつくなり、睨んでいる印象を与えてしまう場合があり注意が必要です。あくまでも、軽く顎を引く程度にしましょう。

  • 口角を少し上げる。

無表情や、真剣な表情である必要はありません。歯が見えない程度に、口を閉じてやや口角を上にあげるのが良いでしょう。軽く微笑む方が意欲的な人材に見えます。

  • 女性は、メイクの色を控える。

カラー写真では、実際の色よりも鮮やかな印象になります。ほんのりピンクのチークやリップで、顔色をよく見せる程度にしましょう。濃いアイカラーやマスカラはNGです。

おわりに

気づき・ヒント・アイデア

履歴書の写真一つで、あなたの第一印象は大きく変わります。

ここでお伝えした注意点を踏まえ、魅力的な証明写真を撮って、転職活動スタートさせましょう。

履歴書や職務経歴書の効果的な書き方を知りたい人は以下の記事もおすすめです。

【関連記事】転職の応募書類の書き方《書類通過率が格段アップ》


      data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"