転職面接用カバンの選び方を男女別で紹介!色は?リュックでもいい?

話す女性

転職面接では服装・髪型がチェックされるのは当然ですが、採用担当者はカバンもチェックしています。

ご自身の転職を成功させるためにも、転職面接でおすすめのカバンを知っておきたいものです。

「普段の通勤と同じようにリュックサックで向かっても良いか」「どんな素材や色のカバンを選べば良いか」等々、転職面接用にカバンを用意しようと思うと、多くの悩みが出てくることと思います。

そこでこの記事では、転職活動にふさわしい女性と男性それぞれに向けてカバンの選び方をご説明します。

本記事のポイント転職面接に適したカバン・適さないカバンがわかる【男女別】

転職面接におけるカバンの取り扱いマナーがわかる

転職活動中のカバンに関する疑問が分かる(カバンがない時は?二つ持ちはOK?etc)

転職の面接で必須の持ち物が分かる

転職面接に適したカバンの選び方【女性編】

笑顔の女性

カバンの形状

履歴書や職務経歴書を持参する場合や、企業側から資料をもらう場合に備えて、A4サイズの書類が入る大きさがベストです。

転職面接中にカバンは椅子の横に立てておくため、床の上に置いた時に自立するものを選んでください。

またカバンの内側にポケットがついていると、面接前に身だしなみを整えるアイテムを入れられるため便利です。実用性を兼ね備えたバックを選ぶと良いでしょう。

カバンの素材

素材は、革または合皮が良いとされています。ただ、ナイロン素材もダメというわけではありません。長く使用することを考え高品質なものを選びましょう。

カバンの色

色は、黒・紺・ベージュ・茶・白といった落ち着いた色が良いです。

転職面接の服装に合わせて、悪目立ちしない色を心掛けてください。靴と同じ色にしておけば無難です。難しい場合は、黒を選んでおけば間違いがありません。

転職面接に適したカバンの選び方【男性編】

笑顔でコーヒーを飲む男性

カバンの形状

転職面接へ履歴書や職務経歴書を持参する場合や、企業側から資料をもらう場合に備えて、A4サイズの書類が入るサイズがベストです。

面接中にカバンは椅子の横に立てておくため、床の上に置いた時に自立するものを選んでください。

肩掛けタイプ・トートバッグ・リュックサックを避け、手提げタイプのカバンを選んでください。

カバンの素材

革素材のカバンが良いとされています。

ナイロンでも可能ですが、社会人らしいものを選んでください。

カバンの色

中途採用は、新卒時のように黒無地である必要はありません。黒・茶・ネイビー・グレーであれば大丈夫です。

転職面接に持っていく時は、靴の色と合わせるとベストです。

転職面接にふさわしくないカバン【NG】

アラート

 

派手な色やデザインのカバン

リボンやチェーンが施されているといった、装飾が多くて派手なものやデザイン重視のカバンは転職の面接には向いていません。

「自分のカバンが目立ちすぎていないか」を気を付けてみてください。

お気に入りのカバンだとしても、面接で採用担当者からマイナスの評価につながってしまっては意味がありません。

高級ブランドのカバン

ブランド名のロゴが入っていたり、あるブランドを象徴するデザインのカバンは、一目でブランドものだと分かります。オフィシャルな場である転職活動において、面接会場にブランドバッグは適しません。

「TPOをわきまえない人」との印象を採用担当へ与えないようご注意ください。

大きすぎる・小さすぎるカバン

転職面接に適した「A4サイズの書類が入る大きさのカバン」以外を使うと目立つので注意してください。

大きすぎるカバンは、面接官に「中に何が入っているのだろう?」と余計な気を使わせることになります。また小さすぎるカバンだと、大切な書類が折り曲がってしまい困る可能性があります。

リュック式のカバンはOK?

若い方の間で人気のスーツにリュックのスタイルはカジュアルすぎて、オフィシャルな面接には向かないとされています。

またリュックはスーツのしわやよれにつながる恐れがあり、オススメできません。

その他、転職に関する素朴な疑問は転職エージェントに聞いてみるのも有効です。

転職の面接に持っていくカバンが無い時は?

クエスチョン

転職面接ではカバンは必須アイテムです。カバンは社会人としてビジネスで必要なものだとという意識を持ってください。

スマホも財布もポケットに入るから大丈夫と思っていても、面接時に持参する書類があったり、企業側から資料をもらったりしたときにカバンがないと困ります。

また、カバンがあれば筆記用具やメモ帳・履歴書や職務経歴書などの応募書類のコピー・企業研究で使った資料などを入れることができ、面接直前に見直すこともできます。

中には、現職の会社のロゴが入ったクリアファイルに必要書類を入れて面接会場に行く方もいるようですが、転職面接はミーティングではないため当然NGです。

転職面接のカバンに関するQ&A

Q&A

転職カバンにまつわるよくある疑問に対する答えをまとめました。

カバンの開閉部分はチャック?金具?

結論から言うと、どちらのタイプでも問題ありません。

カバンがしっかりと閉まって「中のものが見えない」・「中から物が落ちない」カバンであれば転職活動で使用しても大丈夫です。

女性のカバン2つ持ちはOK?

特に女性は、バッグを2つに分けている方も多いでしょう。しかし、転職面接にはビジネスバッグ1つで臨む方が無難です。

面接会場に2つ持参したバッグのうち、どちらか一方でも忘れてしまうと企業側の印象が悪くなってしまいます。「大事なビジネスの書類でも失くしてしまうのではないか」という不安を抱かせないためにも、一つにまとめておくと良いでしょう。

肩掛けタイプのカバンでもいい?

肩掛けタイプのカバンは、通勤時の負担が軽くなって便利ですよね。

面接時でも、ビジネスバッグタイプの肩掛けカバンであれば使用可能です。

ただし、面接会場や受付で肩にかけたまま応対するのは失礼になります。面接官と応対するときには手持ちに変え、ベルトはカバンの中にしまっておくことが大切です。

もし肩掛け部分が取り外し可能のタイプであれば、企業に入る前に取り外してカバンの中に入れ、面接官には手提げタイプのカバンに見えるようにした方が良いです。

転職面接前に知っておくべきカバン置き方やお辞儀のマナー

check

置き方

面接会場に入ってカバンを置くタイミングは、面接官から椅子に座るように促され、「失礼します」と言って着席する時です。椅子にもたれさせず、椅子の横に自立して置いてください。

企業によっては、カバンを置くための椅子を用意してあり、その上に置くように指示がある場合もありますが、基本的にカバンは床に置くものです。

面接官にお辞儀する時のマナー

手にカバンを持っている状態で一礼する際は、そのまま足の横に下げた状態で一礼するか、もしくは両手に持ち直して一礼すると良いでしょう。

お辞儀のたびに、カバンを床に置く必要はありません。

コート類の取り扱い方

寒い季節にコートを着用していた場合、企業の敷地に入る前にコートを脱いでおき、腕にかけて持っていることと思います。

面接中には、コートをカバンの上にかけるようにして置くのが転職活動のマナーです。

転職成功者のカバンの中身を公開!【補足】

デスクに置いてある新聞・PC・資料・コーヒー・ペン

転職面接にふさわしいカバンを用意した後には、面接のときに必要な持ち物についても確認してみてください。

履歴書・職務経歴書といった応募書類のコピーはもちろん、応募先企業を調べたメモ、筆記用具・スマートフォン・現金・腕時計も大切です。

また、口臭スプレーや鏡があると面接直前に身だしなみを整えられます。女性は予備のストッキングがあると伝線した時でも安心ですね。

転職面接の持ち物チェックリストが見たい方は以下の記事を参考にしてください。

おわりに

胸に手を当てるスーツの男性

面接の第一印象は、応募者の方の身だしなみで決まります。身だしなみで、ご自身の個性を出そうとせず、全体のコーディネートを考えてカバンを選ぶことが大切です。

大切な応募書類をしっかりと収納できる実用性があるカバンを選んでくださいね。