Webデザイナーの仕事内容・年収・将来性は?未経験からなるには?

DOMORE

優れたwebサイトの条件の1つに「デザイン」の美しさがあります。webサイトのデザインによって、webサイトの成果は大きく異なってくるからです。

このwebサイトのデザインを専門に扱う職種が「webデザイナー」になります。

この記事では、webデザイナーの仕事内容や魅力・年収や将来性をご紹介します。

また最後には、未経験や初心者からwebデザイナーへの転職を考える方向けに、webデザイナーに求められる知識やスキルについてまとめました。

この記事で分かること

  • webデザイナーの仕事内容ややり甲斐・魅力
  • webデザイナーの年収や将来性
  • 未経験からwebデザイナーに転職するための知識やスキル

webデザイナーの仕事内容!やりがいや魅力は?

PCを使って説明する女性

webデザイナーの仕事内容は?

webデザイナーの仕事内容を一言で表すと「依頼されたwebサイトのデザインを美しく機能的に作成すること」です。

依頼主がイメージしているwebサイトを作るために、依頼主の要望をヒアリングしてデザインを構築していきます。次の3ステップで行います。

ステップ①webサイトの要件を定義

最初に、サイトのターゲット層・サイト作成の目的・コンテンツの中身を依頼主からヒアリングし、制作するwebサイトのざっくりとしたレイアウトを決めます。webサイト全体のイメージを決定する工程です。

ステップ②webサイトのデザインを決定

全体のイメージが決まったら、webサイトの色合いや装飾を決める業務です。グラフィックソフトを用いて、webサイトの配色やロゴ・アイコンの配置を決めます。

また、サイト内で使用される写真やロゴ・バナー・背景のグラフィックの作成も行います。

これらの作業も依頼主と相談しながら行います。

ステップ③webサイトのコーディング開始

ステップ②までの行程で、依頼主とwebサイトの大まかなレイアウトの合意ができたら、いよいよコーディング開始です。

使用するプログラミング言語は、HTML、CSS、JavaScript、jQueryが一般的。HTMLでは画面に表示させる文字を指定し、CSSではその表示された文字をデザインします。

さらにJavaScriptやjQueryを使うことで、画面に動きをつけることが可能です。

UIやUXと呼ばれるユーザーの使いやすさを意識しつつ、事前に決めたレイアウトに沿ってデザインを行います。

webデザイナーのやりがい・魅力

ここでは、webデザイナーとして働くやりがいや魅力を2つご紹介します。

①自らの作品が世の中に出る

自らのアイディアを具現化し、それが世の中に出回るということです。自分で作ったデザインのwebサイトを、一般消費者が使用しているときの喜びは非常に大きいです。

ただし、受託webサイト制作の場合は、自分が思ったものをデザインするわけではなく「依頼主が何を求めているか」の視点を忘れないようにすることが前提となります。

②実力をつければ独立や副業も可能

webデザイナーはデザインの勉強に精通するのはもちろん、SEOなどのWebマーケティングの知識も身につけることで、独立してフリーランスとして仕事することも可能です。

独立をすれば、通勤時間がなくなり好きな時間に働くことができます。

webデザイナーの平均年収、将来性は?

棒グラフと折れ線グラフ

webデザイナーの平均年収は?

dodaが実施した2018年職種別年収ランキングによると、webデザイナーの平均年収は357万円となっています。

この年収を12か月で割ると、単純計算で月当たり29.75万になります。

一方で、同じdodaの調査によると「webプロデューサーやディレクター」になれば、平均年収は452万円に上がります。

webデザイナーで実務遂行力を磨いた後、経営・マネジメント・マーケティングの知識やスキルを吸収してwebプロデューサーになれば、年収アップが見込めそうですね。

webデザイナーの将来性は?

webデザイナーとして、今後活躍していくためにはwebデザインに限らない幅広いスキルを習得することが鍵になります。

クラウドソーシングの登場により、webデザイナーがこれまで行なっていた仕事の一部を安価に外部にアウトソーシングできるようになりました。

特に、webサイトのコーディングやバナー制作、画像加工といった業務は、アウトソーシングもしやすく、デザイナーとして他者と差別化が難しくなってきています。

したがって、将来的に活躍するデザイナーを目指すのであれば、ビジネス視点での提案・制作ができるスキルは必須といえるでしょう。

例えば、単にLPを制作するだけではなく、売れるLPデザインを提案できたり、SEO対策を兼ねたwebデザインができる、といったスキルです。

デザインに加え、マーケティングの視点から、ビジネスに最適な考案できれば、それがwebデザイナーの付加価値になるでしょう。。

未経験・初心者からwebデザイナーになるためには?役立つ資格やスキルを紹介!

Actually I can

webデザイナーに求められる素養やスキルは?

ここでは、webデザイナーに必要な3つの素養やスキルを挙げます。

①集中力と根気強さ

webサイトを作るときには、最終的な調整はミリ単位になります。見た目にも美しいwebサイトを完成させるため、集中力と粘り強さが必要でしょう。

②新しい技術や知識への関心

デザイン・コーディング・スクリプトの技術は日々進化しています。常に新しい技術にキャッチアップして、自らのスキルを高めていく必要があるため、新しい技術に対して前向きな人に向いています。

③コミュニケーション能力

パソコンと向き合うイメージが強いwebデザイナーですが、実際はウェブサイトの作製を依頼してくるお客様や社内メンバーと、コミュニケーションを取る機会が多くあります。依頼主の要望を的確にヒアリングする能力が必要とされるでしょう。

未経験からwebデザイナーになるために必須のスキルは?

webデザイナーの肩書を得るために、必須の資格はありません。

知識とスキルがあれば、だれでも仕事に就くことが可能です。特に次の3つの知識があると歓迎されるでしょう。

①HTMLとCSSの知識

webサイトを構築しデザインするために必ず使うプログラミング言語です。

プログラミング言語の中でもHTMLとCSSは習得が簡単な言語とされています。最近は「Progate」「ドットインストール」といったネット上で無料で学習できるサイトもあります。インプットとアウトプットができる仕組みになっているため、独学でプログラミングを学びたい方にもオススメです。

②デザインツールの知識

「Sketch」「Adobe XD」「Illustrator」「Photoshop」といったデザインツールがwebデザイナーの間でよく使われています。

デザインツールを使いこなすことで、文字では表現しづらいイメージをイラストで表すことができるため、デザインの幅が広がり、効率的なデザイン制作ができるようになります。

③SEOとアクセス解析の知識

webサイトを製作して運営していくうえでは、SEOの知識は必須です。webサイトに集客すめるための知識を持っていると、仕事の幅が広がります。

「Googleデジタルワークショップ」というGoogleが実施しているオンライン講座は無料で受講でき、修了すれば履歴書にも記載できるのでおススメです。

おわりに

デスクに置いてある新聞・PC・資料・コーヒー・ペン

ここまで、webデザイナーの仕事内容をご説明するとともに、これからwebデザイナーとして活躍するための方法もまとめてきました。

今の段階でwebデザイナーの仕事が未経験だったとしても、少しでも仕事内容に興味を感じ、自分の適性にも合っていると思えば、転職に向けて何か勉強を始めてみると良いのではないでしょうか。