転職方法が分からない人必見!やり方や期間、流れを完全解説

lifenextstage

始めて転職をしようと思う時、どうやって転職すればよいか分からない方や何から手をつければよいか分からない方はいませんか?

転職活動には、大きなエネルギーが必要であるため当然です。

今回は、転職したいと漠然と考えている方向けに、多くの転職者が歩んだ転職の方法を明かします。

まず、転職のスケジュール感や退職のタイミングをご説明し、転職の手段も3パターンお伝えします。

この記事を読んで、転職活動の第一歩を歩み始めてください。

一般的な転職スケジュールは?

ホワイトボードを使う男性

転職をする際に第一に考えることは、転職のスケジュールです。目標とする退職時期を決めて、余裕をもってスタートすることが良い転職の第一歩です。

一般的に、転職活動は求人情報の収集を始めてから次の会社に入社するまで、3か月~半年程度の期間がかかります。引継ぎに必要な時間や、現職を退職しやすいタイミングを考えてスケジュールを立てる必要があります。

転職の進め方を5ステップで解説

それでは、3か月~半年の転職活動はどんな流れで進むのでしょうか。以下の5つのステップに分けてご説明します。

  1. 事前準備
    ご自身のキャリアの棚卸しをして、転職活動に何を求めるかを考えます。その上で、転職活動のスケジュールを立てます。
  2. 求人情報収集
    いろいろな媒体を使って、求人情報を集めます。興味のある企業については、さらに深く調べて志望企業を絞っていきます。
  3. 書類作成、応募
    応募したい企業を決めて、自分の強みをアピールする応募書類を作り、応募します。スケジュール管理をしながら複数企業に応募することがコツ。
  4. 面接
    書類選考通過後に、1回~3回程度面接があります。転職理由・志望動機といった想定質問に対して準備をして、面接に臨みましょう。
  5. 内定・退職・引継ぎ
    無事に内定をもらったら、その会社に入社するかを決断します。在職中であれば、退職の意思を示し、丁寧に引継ぎを行い円満退社を目指します。

転職活動は働きながら?退職してから?

カレンダー

初めての転職活動の際、現職の会社を辞めてから転職活動をすべきか、現職の会社に在籍したままこっそりと転職活動をすべきか迷う方も多いでしょう。

出来るなら、収入面の心配をしなくて済む「在籍しながら転職活動」がオススメ

以下では、両方の場合のメリット・デメリットをご説明し、会社にばれずに転職活動をするための注意点をご説明します。

退職後に転職するメリット・デメリット

メリットは以下の4点です。

  • 時間を自由に使え、資格取得も可能になる。
  • 複数の会社の面接に対応しやすい。
  • 情報収集・企業研究が十分にできる。
  • 心身のリフレッシュ・充電期間を設けることができる。

一方のデメリットは以下の5点です。

  • 無収入になるため、転職活動が長引くと生活が苦しくなる。
  • 不採用が続いてしまうと、焦りが生まれる。
  • 早く転職を決めるために、妥協しやすくなる。
  • 失業状態が続いてしまうと、意欲が減退し、技術も鈍る。
  • 生活が不規則になる場合がある。

在籍中に転職するメリット・デメリット

メリットは以下の4点になります。

  • 安定した収入を保ったまま、じっくりと探すことができる。
  • 万が一不採用になっても、失業しない。
  • やりたい仕事だけを探すことができる。
  • 転職に伴う手続きを自分でしなくて済む。

一方のデメリットは以下の5点です。

  • 働きながらの企業研究が負担になる。
  • 良い情報があったときに、迅速な行動が出来ない場合がある。
  • 会社に隠しながら転職活動をする必要がある。
  • 新しい技術や資格を身につける時間がない。
  • 早期出社が出来ないため、選考でやや不利になる。

より詳しく知りたい人は以下の記事もおすすめです。

【関連記事】在職中と退職後の転職はどっちがいい?

ばれない転職活動の方法は?

在籍しながら、転職活動をする上で大切になるのが「会社に気づかれないようにすること」です。

転職活動は、基本的に勤務時間外に行いましょう。勤務時間中に抜け出して面接に行くのは、ばれる危険性が大きく、現職の会社に対しても失礼です。

平日であれば昼休みや就業後に転職活動を行います。面接を受けに行く場合は、午前休や早退を組み合わせて休暇をとりましょう。

以下に在籍中に注意すべきことを4点あげます。

  • 電話を受けた場合は、その場で話しはせず離籍してかけなおす。
  • メールでの連絡は、会社のパソコンを使用しない。
  • カバンの中にある求人情報が見えないようにする。
  • 机の引き出しの中に履歴書のコピーを入れない。

初めての転職者におすすめの求人探しの方法

Mac

一口に転職と言っても、転職に至るまでの道筋はたくさんあります。どのような手段で転職をすることができるでしょうか。

今回は最も一般的な3つの方法をご説明します。

  1. 転職サイトから直接申し込む方法
  2. 転職エージェントを利用する方法
  3. スカウトを待つ方法

それぞれご説明します。

転職の方法①:転職サイトから直接応募する場合

これは、新卒時の就活と同じ流れになります。自ら検索条件を設定し、その条件に合った求人を見つけて応募する形になります。

メリットは、自分のペースで転職できるということ。

しかし、「キャリアアドバイザーとの面談をする機会がない」「専門的なスキルを必要とする求人の掲載が少ない」といったデメリットがあります。

【関連記事】20代におすすめの転職サイト5選!

転職の方法②転職エージェントを利用する場合

この場合、第一のステップが「キャリアコンサルタントとの面談」になります。

キャリアコンサルタントにあなたのスキルと求める条件を伝え、一緒に会社を探していきます。この面談は、夜や土日も予約可能なのがうれしいポイント。

メリットは2点です。

  1. 直接応募型の転職サイトより、非公開求人を含め豊富な求人案件があること。
  2. カウンセリングから面接対策・退職のサポートまでを無料で受けられること。

一方でデメリットも2点あります。

  1. 面談を受けるため、直接応募型の転職サイトほど気軽に使えない。
  2. 担当者との相性によって、いい案件差が出ることがある。

転職エージェントを活用する場合は、自分に合う担当者を見つけるためにも複数のエージェントを利用してみてください。

【関連記事】20代のおすすめの転職エージェント厳選9社!

転職の方法③スカウトを待つ場合

これは、サイト上に自分の経歴やスキルを登録しておくことで、企業やエージェントから「スカウトメール」が届く仕組みです。企業からのスカウトを受け、その企業に転職するかどうかを考えます。

メリットとしては、どんな企業が自分に興味があるかが分かるため、自分の市場価値が分かることとが挙げられます。

一方のデメリットとして、自分の市場価値よりも低い求人も一定数届いてしまうので、ご自身でスカウトを受けた会社を見極める必要があります。

おわりに

握手を差し出すスーツ姿のビジネスマン

ここまで、転職を成功するために方法として、転職の流れをご説明し、働きながら転職することをオススメし、転職手段も3つご紹介しました。

実際に転職活動を始めた後に大切になるのが、自己分析と企業研究です。

スケジュールを立てた後は、ほかの候補者よりも深く自己分析と企業研究を行うことを目指してみてください。

【関連記事】転職成功を実現する自己分析のやり方まとめ


      data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"